新たな感染者が次々と...「めちゃやばい」医療現場の今

社会 暮らし 医療・健康


感染者の拡大で医療体制は徐々にひっ迫しつつある。

その現場にFNNのカメラが入った。

病院の感染対策室長が、第2波と認める現場の実情。

透明なシートがかけられた車椅子に座り病室に向かうのは、新型コロナウイルスに感染した70代の女性。

移動中は青い手袋をはめ、2次感染を防ぐ措置がとられている。

宝塚市立病院・小林敦子感染対策室長「急に増えている、もうめっちゃやばい、この3日間くらい。第2波ですね」

FNNが取材したのは、感染者を受け入れている兵庫県の宝塚市立病院。

兵庫県でも、7月31日に過去最多となる62人の感染が確認されるなど、状況は深刻化。

この病院では、8床ある新型コロナの病床が、空いてもすぐに埋まり、最近は満床の状態が続いているという。

この日も、新たに2人の感染者を受け入れた。

重症化しやすい高齢者を設備の整った専用の病室へ。

このところ、高齢の感染者の受け入れが増えてきているという。

看護師「70代とか80代とか、年齢層が高くなっているような感じなので、そういう方は重症化しやすいので、気を引き締めていきたいなと思います」

無症状や軽症で入院しても、急に重症化することがあるのが新型コロナウイルスの特徴。

宝塚市立病院・小林感染対策室長「たまたま誰かがぽんと悪くなる。(重い症状が)出てきたら長いよ。1カ月くらい治らないからね」

重症患者が増えれば長期間の治療が必要。

医療提供体制そのものに影響が及ぶ可能性がある。

こうした点について、加藤厚労相は4日...

加藤厚労相「国全体としてみれば、病床数だけ見れば、ひっ迫している状況には至ってないという認識です」

医療提供体制には、まだ余力があるとの見方。

とはいえ、連日の感染拡大から安心していい状況にないことは明らか。

(FNNプライムオンライン8月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース