吉村知事「コロナにうがい薬」が波紋…一夜明けて『誤解』連発 専門家は“使用には注意必要”

社会 暮らし 医療・健康

  • 吉村知事「うがい薬でコロナに打ち勝てる」が波紋
  • 一夜明け「予防できない」「治療薬でもない」
  • 専門家「殺菌濃度が高いので使用する際は要注意」

8月5日、東京で新たに263人の感染が確認された。
8月に入ってから5日までの5日間で、1,594人と感染拡大が止まらない。


そんな中、8月4日に吉村大阪府知事が記者会見で発表した、ある薬の使用が新型コロナに有効だとする発言が一夜明けて大きな波紋を呼んでいる。


吉村知事の「うがい薬」発言に波紋

大阪府・吉村知事:
ポビドンヨードによるうがいをすることによって、コロナにある意味打ち勝てるんじゃないかとすら思っている


この発言を受けて、うがい薬を販売する製薬会社の株価は急騰した。
そして、ネットではうがい薬の違法な転売が高額で行われるなど波紋が広がっている。


厚生労働省の担当者も5日、ポビドンヨードのうがい薬について…

厚生労働省・担当者:
一般論だが、ポビドンヨードを含む消毒液を使ったうがいのウイルス消失は前から指摘されている。
手洗い・うがい共に有効で、今後引き続き研究が拡大され、確かな証拠が出ることを期待している


と述べるなど、うがい薬に注目が集まっている。

加藤綾子キャスター:
これは政府ではなく、大阪府の研究なんですね?

キヤノングローバル戦略研究所・宮家邦彦研究主幹:
申し訳ないけど、私は非常に不用意なお騒がせ発言だと思う。
こういう時は、専門家が正確な情報を流す。これが一番大事なので、恐らく政府も苦々しく思っているんじゃないですかね

加藤綾子キャスター:
いま人気のある知事でもありますから、影響力も大きいですからね。
ちょっと発言が波紋を広げています


店頭では売れ切れ続出し転売も拡大

木村拓也アナウンサー:
今回の吉村知事の発言について、医療関係者からもさまざまな声が上がっています。
ネットでは、医療関係者とみられる方の書き込みで「一瞬で店頭から消えたそうで、医療現場に入らなくなるのは本当に困る。手術や処置で必要です」とありました。
吉村知事も8月4日の会見で、「不必要な買占めはぜひやめてていただきたい」と注意を促していましたが、やはり案の定ドラッグストアからはなくなってしまい、売り切れ続出というような形になってしまいました。


木村拓也アナウンサー:
また、気になる効果について、吉村知事が8月5日の会見で、「ポビドンヨードは、コロナを予防できるわけではないです。治療薬でもないです。次の段階で重症化を防ぐ可能性を検証します」と一部誤解があったというような話もしていました。


現段階では効果の検証が不十分

加藤綾子キャスター:
二木先生、私たちはどう受け止めたらよろしいでしょうか

二木芳人氏(昭和大学医学部 客員教授):
そうですね。今のところ先ほどの厚生労働省からもあったように、確かにこれを使ってうがいをすれば、ウイルスを減らすことができるんですけれども、一般の方々が普段の予防に使うということはやはり間違いです。
これは、吉村さんもおっしゃっている通りですが、こういうものを使ってうがいをして、一旦ウイルスを減らすということが、PCR検査が必要な場合にひょっとすると疑似陰性を招く可能性があります。


二木芳人氏(昭和大学医学部 客員教授):
あとは症状のある人とか、ルート拡散防止、重症化防止等ということを謳っておられますが、今の段階ではまだ検証が十分できていません。
ですからぜひ研究を続けていただければいいかと思います。
その結果をしばらくお待ちいただいてから、皆さんご使用・ご判断いただければいいんじゃないかと思います。

2週間で感染拡大を抑え込む計画か

加藤綾子キャスター:
確かに、4日の発言を聞くと、もうコロナに効くんだなというような印象を受けましたよね。
ちょっとトーンダウンした感じがしました。
吉村知事は、なぜこのタイミングでうがい薬の効能に関する会見を行ったのでしょうか


風間晋 解説委員:
僕は8月4日の日付の位置付にヒントがあると思っているんです。
4日の会見で吉村知事が、大阪府民に20日までうがいを励行してほしいと言いっていました。
もう1つは大阪ミナミの飲食店に対して、6日から20日までの15日間時短要請を行っているんです。接待を伴う飲食店の従業員に対しても、うがいを呼びかけているんです。
ということを考え合わせると、多分吉村知事はこれからおよそ2週間の間に、感染拡大を抑え込みたい、「時短に効果あり」と証明したいという、そんな気持ちも伺えます。


殺菌濃度が高いため注意が必要

うがい薬がコロナに効果があるということについて、街の声は…

50代女性:
対策として毎日(うがい薬で)うがいをしていたので、効果があるということは非常にありがたいこと

30代女性:
効果あるなしが、実際どうかわかんないですけど、手軽にできるものならやってもいいのかなとは思いました。
マスクがなくなった時みたいに、いろんな人が殺到するとかになったら、ちょっと自分は控えようかな

50代女性:
特定の商品が良いか悪いかって言うのは、いろんな意見もあるので、なぜそれが良いのか、明確に分かる説明がほしい

60代女性:
ポビドンヨードしかダメっていうことが果たして正しいかよくわかんない
踊らされるのだけはいや、きちんとやるべき事を淡々とやる

加藤綾子キャスター:
「淡々とできることを」という声もありました。ただ「手軽にできるのならやってもいいかな」とそういった声もありますね

二木芳人氏(昭和大学医学部 客員教授):
しかしながら、このポビドンヨードって言うのは結構きついお薬です

加藤綾子キャスター:
殺菌濃度がすごい高いですよね

二木芳人氏(昭和大学医学部 客員教授):
その代わり、やはり安全性の部分も注意しなきゃいけません。
ですから妊婦の方や授乳中の方、それから甲状腺の病気を持っている人、もう1つはアレルギーがある人もいるので、そういうことは注意した上で実施して頂く必要があります


加藤綾子キャスター:
しっかりと使用上の注意をよく読んで、お使いになっていただきたいと思います

誤解を生じる会見だった

木村拓也アナウンサー:
この吉村知事の発言、海外でも報じられています

アメリカのブルームバーグ通信社:
虫がいい話?大阪が「うがい薬でウイルスに勝てる」
十分なデータが得られる前に、手っ取り早い解決策を急いで探すことで、さまざまな影響が起こっている


キヤノングローバル戦略研究所・宮家邦彦研究主幹:
アメリカでは数カ月前、トランプ大統領が確か「消毒液を注射したらどうか」と発言したのですが、恐らく同じような風に見ていると思う。
私は、政治家はもちろんいろいろな善意で言うこともあるだろうと思いますけれども、やはりこうした発言は気をつけないといけないだろうと思います


加藤綾子キャスター:
そうですね。影響力の大きさということは必ずありますからね。
風間さんはどうご覧になりますか

風間晋 解説委員:
吉村知事が今日Twitterで「誤解なきを申し上げる」とし、会見でも「一部誤解があるようなので」と、『誤解』を連発しているんですよ。
でも新型コロナはいま、すべての国民の最大の関心事ですよね。それはわかり切っている事なのに、誤解を生じるような会見・発表の仕方だったということですよ。
多分、知事自身が不用意だったし不適切だったなって思ってるんじゃないですか


加藤綾子キャスター:
ちょっと言い過ぎちゃったかなと思っているんですかね。
ポビドンヨードのうがい薬の効果の検証っていうのは、これから進められていくものだと思われるんですが、うがい・手洗いは感染予防の基本ということで、そこは私たちがしっかりやらなければいけないと思います


(Live News it! 8月5日放送より)

(FNNプライムオンライン8月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース