再処理工場の完成時期 25度目の延期 青森・六ヶ所村

経済・ビジネス


25回目の延期となる。

青森・六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場に関して、日本原燃は、2021年度上期としていた完成時期の目標を1年延期し、22年度上期とすることを決めた。

完成時期の延期は、25回目となる。

再処理工場は7月、原子力規制委員会の審査に合格したが、運転開始には工事計画などの審査に合格する必要があるほか、安全対策工事もあり、当初の目標時期に間に合わないと判断したという。

(FNNプライムオンライン8月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース