各地で猛暑日37.6度観測 大気不安定...ゲリラ豪雨も

社会 暮らし


22日、大阪市で、1週間連続で37度を超えるなど、猛烈な暑さとなった。

一方、長野県では、ひょうが降ったほか、和歌山市や大阪・堺市では、1時間に100mmを超える雨が降るなど、大気が非常に不安定な状態となっている。

全国的に続く猛烈な暑さ。

22日も、各地で猛暑日となった。

22日、最も暑かったのは、37.6度を観測した岡山・高梁市と大阪・堺市。

1週間連続で、最高気温37度を超えた大阪市。

炎天下の中、道行く人は日傘を差したり、水分補給をするなど、熱中症対策を行っていた。

街の人からは「めっちゃ暑いです。蒸し暑くて、ジメジメして、外いてられへんな」、「最近暑いので、汗止まらないです。サウナに入っているような、蒸し風呂な感じ。もやっとした暑さ」といった声が聞かれた。

愛知・名古屋市でも、最高気温37度を観測。

赤ちゃんも、この暑さにぐったり気味。

暑さを感じるのは、人間だけではない。

氷の中にくっつき、中にあるクルミを取り出そうとしているのは、東京・武蔵野市の井の頭自然文化園にいるリス。

暑さで溶け出した氷からクルミを取り出し、おいしそうに食べている。

2日前の映像には、気持ちよさそうに水浴びをしている様子が映っていて、暑さは動物も一緒の様子。

午前中から30度を超えて気温がぐんぐんと上がる中、都内の公園でも、水遊びをして涼む家族連れの姿が見られた。

訪れた人は「遠く出られないので、近くで水遊びできるのはここなので、最近来るようになった」、「毎日暑くて、ずっと家の中にいたので、きょうぐらいは、水で遊べたらいいと思って」などと話した。

22日、東京都心の最高気温は、35.2度。

都心の猛暑日は、8月は10回目で、8月としては観測史上最多タイ記録になった。

一方、この暑さの影響で大気の状態が不安定となり、午後から突然のゲリラ豪雨に見舞われるところもあった。

熊本市内では、突然の大雨に落雷が起こるなど、天気が急変。

長野県では、午後になって、大雨洪水警報が発表されたところがあり、長野市内でも一時的に強い雨が降った。

また、和歌山市付近では、1時間に120mm以上の猛烈な雨が降ったとみられ、さらに22日、全国で最も暑くなった堺市内でも、1時間におよそ100mm以上の猛烈な雨が降ったとみられる。

23日にかけても、西日本や東日本は大気の状態が不安定で、一時的な道路の冠水、落雷や竜巻などの突風などに注意が必要。

(FNNプライムオンライン8月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース