西日本など猛烈な暑さ 熱中症に注意

社会 暮らし


週末はいったん和らいだ暑さだが、24日は、西日本を中心に猛暑が戻っている。

さらに今週は、台風の影響で、日本海側では40度近い暑さとなるおそれがあり、熱中症に警戒が必要となる。

24日は、西日本を中心に厳しい暑さとなっていて、午前11時までの最高気温は、福岡市と大分・日田市で33.9度などとなっている。

このあと気温がさらに上がり、予想最高気温は、大分・日田市や熊本市、愛知・名古屋市で37度。

25日以降は、台風の影響で、さらに厳しい暑さになるとみられている。

25日朝の時点の予想天気図。

台風8号が東シナ海を進み、西日本と東日本を中心に、南から暖かく湿った空気が流れ込むフェーン現象が起こる可能性がある。

このため、太平洋側は厳しい暑さが続き、さらに山陰や北陸など日本海側は、フェーン現象の影響で、場所によっては、40度近い危険な暑さになるおそれがある。

島根・松江市や新潟市でも、猛暑日になる日がある見込み。

引き続き、熱中症に警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン8月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース