藤井聡太二冠の勝負おやつ「マンゴー杏仁プリン」が甘くておいしそう!将棋用品も注文殺到の熱狂ぶり

社会 文化 旅と暮らし

  • 史上最年少で二冠獲得 快挙に福岡の街は「藤井フィーバー」
  • 「勝負おやつ」のマンゴー杏仁プリンは即完売 問い合わせも殺到!
  • 藤井二冠を送迎した「777」ナンバーのタクシーも話題に

将棋の歴史に新たな1ページ 街はお祝いムード

史上最年少で「棋聖」と「王位」の二冠を獲得し、8月20日、将棋の歴史に新たな1ページを加えた天才高校生・藤井聡太二冠。

藤井聡太二冠:
地元の方に温かく迎えていただいて、今回も素晴らしい所で対局できたと感じています。王位、棋聖を獲得できたのは、自分にとっては思った以上、この上ない結果なのかなと思う


「ちょっとニコっとお願いします」というカメラマンの要求にも、当の本人はいつも通り淡々と。しかし、一夜明けた福岡の街はお祝いムード!

将棋用品の販売店 中西康弘社長:
勝ってもらわなかったら、セールもできなかった

翌日の21日から祝勝セールを始めたのは、福岡市天神の新天町商店街にある将棋用品の販売店。朝から注文に追われていた。


店員:
県外からのお電話でご注文いただいて配送の準備をしている

将棋用品の販売店 中西康弘社長:
お電話で問い合わせが何件も入っていますし、きょうもすでに朝から販売もあったので、成果がすごくある


二冠達成を見越して仕入れた将棋用品の在庫は、通常の2倍。
朝早くから客が訪れていた。

訪れた客:
随分長いこと将棋触ってないなと思って。いいきっかけかなと。お家時間にもちょうどいいかなと

将棋用品の販売店 中西康弘社長:
これを機会に、若い人が将棋に興味を持っていただいて、将棋をする人が増えるとうれしい

「勝負おやつ」は開店10分で完売

そして、将棋以外にも注目を集めているものといえば!?
つやつやしたマンゴーがジューシーな宮崎県産マンゴー杏仁プリン!


藤井二冠が王位戦で2日連続で食べた「勝負メシ」ならぬ、「勝負おやつ」。
SNS上では、「連投やん マンゴー杏仁プリンおいしかったんやろなー」、「マンゴー杏仁プリン 食べてみたい」などのコメントも。


提供した西鉄グランドホテルのスイーツ店では翌日の21日、開店からわずか10分で商品が完売。問い合わせが殺到している!


西鉄グランドホテル・松岡裕シェフ:
藤井フィーバーでほんと、びっくりしております。コロナ状況下で売り上げが上がって、ほんと感謝です。大変気に入っていただいて、こちらもうれしい限りです


藤井二冠の健闘祈り「777」ナンバーを配車

一方、ひそかに話題となっているものも。
それは、王位戦の会場を行き来する際に藤井二冠が利用していた「タクシー」。

ラッキータクシー乗務員・熊﨑秀俊さん:
1日目の対局前に藤井二冠をお乗せしました

藤井二冠が乗ったタクシーをよく見ると、ナンバーは「777」。


運気が上がりそうな数字の並びだが、本人の要望?

ラッキー自動車・前坂翠さん:
これだけ全国で注目されているところですから、そこはトリプルセブンが縁起がいいだろうということで、できるだけ当てていきたいという気持ちがありました

タクシー会社側が、藤井二冠の健闘を祈って「トリプルセブン」ナンバーを配車したという。

ーー乗せると知ったのはどのタイミング?

ラッキータクシー乗務員・熊﨑秀俊さん:
配車でホテルに行って、着いたときに指示を見て、藤井棋聖という名前を見ました。本人はすごく落ち着いていていらっしゃったと思います。逆にこっちの方が緊張していました

空車があれば予約可能ということだが、もし街で見かけることがあれば、まさに「ラッキー」かも。


福岡の至る所で見られた藤井フィーバー! しかし、藤井二冠は先を見据える。

藤井聡太二冠:
家に帰ってから、きのうの対局についてじっくり見返せれば…。今回の王位戦で新たに見つかった課題もあるので、上を目指していけたらいいのかなと思います

快進撃が止まらない藤井二冠。
2020年の秋には、三冠目の王将戦に向けて挑戦者決定のリーグ戦に臨む。


(テレビ西日本)

(FNNプライムオンライン8月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース