新型コロナ 再感染を初めて確認 香港の研究チームが発表

国際 医療・健康


新型コロナウイルスに感染し回復した人が再び感染するケースを、遺伝子解析によって初めて確認したと香港大学の研究チームが発表した。

33歳の香港の男性は3月に感染し、その後、回復したが、8月半ばにイギリス経由でスペイン旅行から香港に戻った際、空港での検査で再感染が確認された。

遺伝子の解析から、1回目と2回目のウイルスは別のものだったとしている。

研究チームメンバーは、「回復者が終生免疫を得られるわけではないことを示している」としている。

(FNNプライムオンライン8月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース