“シャツイン”実験で5度高く 熱中症防ぐ着こなしワザ

暮らし 医療・健康


熱中症対策として、今、服の着こなしが注目されている。
シャツを入れる場合と入れない場合で、大きな差が出るという。

東京都心の25日の最高気温は、32.2度。
猛暑日にはなっていないが、午後3時までの速報値で、20人が熱中症の疑いで搬送されている。

25日、全国で一番の暑さとなったのは、最高気温38.5度を観測した福岡・糸島市と太宰府市。

街の人「痛いぐらい(暑い)。買い物以外はクーラーの部屋でじっとしている」

日は、西日本を中心に猛烈な暑さとなり、全国132地点で猛暑日に。

猛暑日の地点が100を超えたのは、3日ぶり。

街の人「もう毎日が死にそうです、暑くて。耐えるしかない。涼しくなるのを待っている」

厳しい暑さが続く中、熱中症対策として、ある服の着こなしが注目されている。

群馬・前橋市の中学校の理科教師が行った実験画像。
実験では、体操着の裾をズボンの中に入れた「イン」の場合と入れない「アウト」の場合で、運動後の体温を比較した。

その結果は、運動から2分後の体温はアウトの生徒がおよそ29度で、インの生徒より4度ほども低くなった。

熱中症対策の観点から見れば、熱がこもらないようにインしないほうが良いという結果が出た。

これに街の人は、「驚きですね。入れた方がすっきり見えるから入れるが、それ聞くと出すかな」、「(体操着中に)インする?」、「しない!」などと話した。

では、体操着ではなく、普通の服ではどうか。

取材班は、シャツインの状態とアウトの状態で、それぞれ屋外で過ごしたあと、どれぐらい温度に違いが出るのか検証した。

まずは、シャツアウトの場合。
シャツを出した状態を見てみると、35度前後。

そして、シャツインの場合。
シャツを入れた状態で測ると、40度前後を示していた。

普通の服でも、シャツインのほうが、およそ5度高くなった。

暑さ対策として覚えておきたい、この着こなし。
しかし、街を見渡すと...。

街の人は、「はやっている」、「足長効果」、「ウエストが絞られるから」、「足長く見えたり締まって見えたりとか」、「暑そうだけど」などと話した。

シャツなどの裾をズボンやスカートの中に入れる“タックイン”。
若者の間で流行している人気のスタイル。

タックインしている人をサーモカメラで見てみると...。

女性「あっ、違いますね中の温度が...。インしているので、中に熱がこもっている。シャツ出せる格好を心がけようと思う」

女性「赤い!」、「服でこもっているところが赤いね」、「暑いです」、「(シャツアウトは)涼しいかも!」、「変わるっぽいです。ワンピースは、一番夏に向いているかなと思う」

専門家は、熱中症対策のポイントとして、煙突のように風をよく通す服装を挙げている。

神戸女子大学・平田耕造教授「煙突効果というものがあります。熱が襟元から上へ逃げていくという効果ですね。煙突効果により換気を促進して、暑さをしのいでいただきたい」

(FNNプライムオンライン8月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース