税額引き下げで“ビール復権”は? 酒税改正まで約1カ月

経済・ビジネス


家飲み需要の追い風が吹く中、この秋からビールの税金が引き下げられる。

キリンビール・布施孝之社長「Withコロナ生活において、健康志向は今後も伸長するものとみている。ビールの魅力を広げる新しい価値の提案を行っていきたい」

キリンビールが27日に発表したのは、ビールでは国内初という糖質ゼロの商品。

10月から販売を始める。

一番搾りに比べるとすっきりしていて、あと味に麦芽の感じがしっかり残っているという。

ほかのメーカーでも、ビールの販売を後押しする取り組みが。

サントリーやサッポロはキャンペーンなどを展開するほか、アサヒビールは10月末から6缶パックなどのパッケージに新たに製造日を記載し、できたてをアピールし消費者取り込みを狙う。

しかし、メーカー各社によると、販売数量は第3のビールが好調な一方で、2020年に入ってビールは大きく落ち込んでいる。

では、販売が苦戦する中、なぜ今、メーカーはビールに注力するのだろうか。

その理由の1つが、10月の酒税改正。

2026年10月までにビール、発泡酒、第3のビールは税額が一本化される。

まず、10月から350ml缶1本あたり7円下がる一方、第3のビールはおよそ10円上がる。

メーカーによると、現在ビールと第3のビールの店頭価格は350ml缶で75円~80円ほどの差があるが、10月にはこれがおよそ60円に。

2026年10月には25円から30円ほどと価格差が段階的に縮まる見込みで、ビールの税額が下がるのに合わせ、需要を再び掘り起こしたい考え。

キリンビール マーケティング部・鈴木郁真ブランドマネージャー「ビールが飲みたいんだけど、健康が気になって発泡酒やそういった商品を選んでいた人が多い。糖質ゼロの商品を提供することで、ビールのあらためての喚起につなげたい」

一方で、10月から値上げとなる第3のビール。

都内の酒店では駆け込み需要を見込んで、売り場を強化している。

やまや東京地区 地区長・田中健介さん「9月いっぱいはまず、一生懸命新ジャンル(第3のビール)を売っていく」

やまや大森店では、すでにまとめ買いをする人が増えてきていて、仕入れ量を増やして対応しているという。

客は、「ちょっと考える。(第3のビールを)買いだめしようと思う」、「税額の差が詰まってくるなら、どっち買おうか考えるかもしれない。ビールの方が買えるならビール飲みたい」などと話した。

新型コロナの影響で家飲み需要が伸びる中での税額変更は、ビール類の商戦を大きく変えることになるとみられる。

(FNNプライムオンライン8月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース