来年前半 全国民分ワクチン確保へ 安倍首相 夕方会見で発表

政治・外交 暮らし 医療・健康


政府がまとめる新型コロナウイルスの「対策パッケージ」には、2021年前半にすべての国民の分のワクチンを確保することなどが盛り込まれている。

安倍首相が、28日夕方の記者会見で発表する。

新たな「対策パッケージ」には、「2021年の前半までに、すべての国民の分のワクチンを確保すること」や、「ワクチンを海外から調達するために、2020年度第2次補正予算の予備費を活用すること」が盛り込まれる。

さらに医療機関への財政支援や、インフルエンザの流行を見据え、保健所の機能強化や、PCR検査の能力向上などを打ち出すことにしている。

また安倍首相は、記者会見で、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけについて、無症状や軽症の患者を入院勧告の対象から外す方向で見直す方針も示す見通し。

(FNNプライムオンライン8月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース