安倍首相会見へ 想定されるシナリオは?

政治・外交


体調不安がささやかれる安倍首相は、28日午後5時から、首相官邸で記者会見に臨む。

フジテレビ・渡辺奈都子政治部長に聞いた。

(安倍首相の夕方の会見で今後、想定されるシナリオはどういったものか?)

1つは、健康状態について説明しつつ、治療はするかもしれないが、執務は可能ということで続投を表明するパターン。
この場合には、自民党の役員人事と内閣改造を9月にも行う予定。

2つ目は、体調が思わしくない場合、首相にとどまりつつ、療養に入るケース。
この場合は、首相の臨時代理を置く可能性がある。

最後に、体調が極めて深刻だとすると退陣、辞意を表明する可能性もあり、その場合は、直ちに自民党総裁選を行うことになる。

(見立てとしては、どの可能性が高いのか?)

まず、臨時代理を置く可能性というのは、極めて低いとみている。

安倍首相の周辺によると、首相は責任感や使命感が強く、休んで療養に入るくらいなら辞めてしまう可能性がある、という見方がある。

そのため、通院して治療をしながら続投するか、きっぱり辞めてしまうか、どちらかになる可能性が高いと思われる。

(FNNプライムオンライン8月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース