沖縄県 独自の緊急事態宣言延長 全国の死者 3カ月半ぶり20人台

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの新規感染者数が、28日、これまでに全国で876人確認されている中、沖縄県は、県独自の緊急事態宣言を9月5日まで延長することを発表した。

沖縄県・玉城知事「緊急事態宣言を延長することを決定いたしました」

28日、新たに43人の感染が確認された沖縄県の玉城知事は、県独自の緊急事態宣言について、29日までとしていた期間を9月5日まで延長することを発表した。

週明けに旧盆を迎え、人の動きが活発になれば、重症化しやすい高齢者などに感染が広がるおそれがあることなどを考慮したとしている。

一方、死者数は、大阪府で一日あたり過去最多となる9人判明しているほか、福岡県で3人、東京都で2人など、全国であわせて20人で、およそ3カ月半ぶりに20人台となった。

(FNNプライムオンライン8月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース