安倍首相「国民の負託に応えられない」 会見で理由語る

政治・外交


首相の職を辞することを、自らの言葉で国民に語った。

安倍首相「国民の皆さまの負託に自信を持って応えられる状態ではなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することとする」

安倍首相は、28日午後5時から行われた緊急会見で、持病の潰瘍性大腸炎が、8月上旬に再発したことを理由に辞意を表明した。

安倍首相「政治において最も重要なことは結果を出すこと。私は政権発足以来そう申し上げ、この7年8カ月、結果を出すために全身全霊を傾けてきた。病気と治療を抱え、体力が万全ではないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはならない。悩みに悩んだが、この足元において、7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、そして冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることができたことから、新体制に移行するのであれば、このタイミングしかないと判断した。任期をあと1年残し、ほかのさまざまな政策が実現途上にある中、コロナ禍の中、職を辞することになったことについて、国民の皆さまに心より、心よりおわびを申し上げる」

また、拉致問題や日ロ平和条約、憲法改正を挙げ、「痛恨の極み」、「志半ばで職を去ることは断腸の思い」と述べたうえで、「党として強力な態勢で取り組んでいただくことを期待したい」と強調した。

今後について、安倍首相は「次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たしていく。そして治療によって、なんとか体調を万全とし、新体制を一議員として支えていきたい」と述べた。

(FNNプライムオンライン8月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース