空飛ぶクルマ 初の有人試験飛行 4分間の“未来のフライト”

経済・ビジネス 技術


日本で初めて、空飛ぶクルマの有人飛行に成功した。

8月25日にお披露目された、こちらの機体。
その名も「SD-03」。

さまざまな分野のエンジニアが集まって立ち上げた会社「SkyDrive」が開発した、空飛ぶクルマ。

実はこの機体、乗り物に欠かせない“あるもの”がない。
それは、ハンドル。

取り付けられているのは、大きなモニターだけ。

操縦は必要なく、自動で目的地までたどり着くシステムで、時速は60kmになるという。

3年前に取材した際には、離陸からわずか3秒で墜落と、飛行とは程遠い結果だった。

しかし、ついに25日、試験場の広さの関係で、高さはおよそ3メートル、最高時速は4km程度だったが、無事に4分のフライトを終えた。

スカイドライブ・福澤知浩代表「何回も何回も失敗をして、ようやくここまできた。その先の、空を日常的に飛べる日をもたらすところまで行けたらと思っている」

SkyDriveは、2023年度をめどに飛行距離を最長10kmに伸ばし、まずは、大阪湾周辺で、空飛ぶクルマを使ったタクシーサービスを始める計画で、2028年度には、自動運転の空飛ぶクルマの実用化を目指すという。

(FNNプライムオンライン8月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース