週明け 沖縄接近のおそれ 急速に発達しながら北上

社会 暮らし


28日に発生した台風9号は、このあと急速に発達しながら北上して、週明けには沖縄にかなり接近するおそれがある。

台風9号は、フィリピンの東の海上で動きが遅くなっているが、このあとは、勢力を急速に強めながら北上し、週明け31日から9月1日にかけて、非常に強い勢力で沖縄本島に最も接近する見込み。

沖縄では、台風の接近と発達のピークが重なる見込みで、31日に予想される最大瞬間風速は40メートルから60メートルと、猛烈な風が吹くおそれがある。

台風の北上にともない、9月2日から3日は、西日本でも暴風が予想される。

今後の情報に、十分に注意する必要がある。

(FNNプライムオンライン8月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース