東・西日本中心に猛烈な暑さ 台風9号 沖縄に接近

社会 暮らし


30日も東日本や西日本を中心に、猛烈な暑さとなる見込み。

また、強い台風9号が、沖縄に接近していて、厳重な警戒が必要。

街の人は「去年より暑い気がする」、「マスクがあるんで、これがきついです」「息苦しいですね。早く外したいですね」などと話した。

京都市は、午前11時すぎに35度を超え、猛暑日となっている。

このあとも気温が上がる見込みで、京都市のほか、名古屋市、大阪市、大分・日田市など、10地点で37度の予想となっている。

午後は、現在晴れているところでも、山沿いを中心に天気が崩れて、にわか雨や雷雨となり、局地的に非常に激しい雨の降るところがある。

一方、台風9号は、31日から9月1日にかけて、非常に強い勢力で沖縄に接近する見込み。

31日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄で50メートル、奄美で30メートルで、沖縄では、建物の一部が飛ぶほどの風が吹くおそれがある。

また、9月1日までの24時間に予想される雨量は、多いところで、沖縄で200~300mmとなっている。

飛ばされやすいものは、家の中にしまうなど、台風の接近に備えて早めの警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース