台風9号 沖縄に最接近へ 記録的な暴風吹くおそれ

社会 暮らし


大型で強い台風9号は、勢力をさらに強めて、31日夜以降、沖縄に最も接近し、記録的な暴風が吹くおそれがあり、厳重な警戒が必要。

強い台風9号は、31日夜から9月1日朝にかけて、非常に強い勢力で沖縄本島に最も接近し、その後、勢力を維持したまま、9月2日から3日には、九州に近づくおそれがある。

9月1日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄で70メートルとなっていて、住宅が倒壊したり、電柱が倒れるくらいの危険な風。

沖縄県の玉城知事は30日、台風の接近に備えて「命を守る行動」を最優先に早めの避難を呼びかけている。

台風の接近が暗い時間になるため、停電や断水などに備え、明るいうちに対策をとる必要がある。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース