菅氏に支持広がる 「前向きに検討」表明

政治・外交


自民党総裁選挙に向けて、菅官房長官が自らを支持する議員らに、「前向きに検討する」と表明した。

菅官房長官は、自身に近い議員らから総裁選挙への出馬を求められた。

自民党・坂井学衆院議員「(菅氏から)今後、前向きに検討したいということで話があった」

菅氏は、すでに立候補する意向を固めており、二階派に続き、党内第2派閥の麻生派が菅氏支持の方針を固めるなど、着々と支持を広げている。

一方、岸田政調会長は31日、自身の派閥の会合で「挑戦したい」と強調し、あらためて立候補を表明した。

岸田氏は、安倍首相や竹下派の竹下元総務会長ら、党内の有力者と相次いで会談し、支援を求めた。

石破元幹事長は31日夕方、記者団に対し、自らの出馬について、「時期を遅くする意味はまったくない」と述べ、近く、最終判断する考えを示した。

かねて出馬に意欲を示していた河野防衛相は、党内で菅氏への支持が広がっていることを受け、出馬を見送る意向を固めた。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース