“ポスト安倍”レース 菅氏 一気に本命に ライバルは

政治・外交


安倍首相の突然の辞任表明で幕を開けた、ポスト安倍をめぐるレース。
自民党内では、菅官房長官を推す動きが加速している。

首相官邸に現れた、菅義偉官房長官。
総裁選出馬の意向を固め、ポスト安倍の本命に躍り出た。

菅長官に対しては、二階派に続き、31日、麻生派も支持の意向を固めた。

この出馬について、官房長官としての会見で問われると...。

記者「これまでポスト安倍については『考えていない』と言っていたが、政権幹部らに総裁選出馬の意向を伝達されていたと、いつ考えが変わったのか?」

菅官房長官「この場は、政府としての見解を説明する場で、私の件を含めて、自民党総裁選挙については、コメントは差し控えたい」

これまでは、ポスト安倍の質問に対し「まったく考えていない」と繰り返してきた菅長官。
31日は、「控えたい」と表現を変えた。

31日、3日ぶりに官邸に現れた安倍首相。
記者が、菅長官の出馬について声かけしたが、首相からコメントはなかった。

菅長官は、総裁選の日程が固まり次第、正式に出馬を表明する方向で調整している。

一方、すでに出馬を明言している岸田政調会長。
自ら会長を務める派閥で、「次の総裁選挙、挑戦させていただきたい」とあいさつした。

続いて会見し、「総裁選挙、おっしゃるように、厳しい環境の中にあると思う。活路を見いだしていく努力は、最後まで続けないといけない」と述べた。

岸田氏は、31日も精力的にあいさつ回りを行った。

青木元参院会長に続き、首相官邸で安倍首相とも面会。

岸田政調会長「新しいことはありません。あらためてごあいさつしました。お力添えをお願いしました。これからということなんでしょう」

安倍首相は自身の後継者として、岸田氏を意中の人と見ていたとされている。

しかし、面会後の岸田氏に、前向きな雰囲気は感じられない。

一方、総裁選出馬に意欲を見せている石破茂元幹事長は31日午後、取材に応じ、「何が党のためで、何が国のためで、何が民主主義のためであるか、ということだけを考えて、なるべく早く判断をしなければいけない」と述べた。

31日は、自身の派閥の会合に出席した。

その派閥内からは、「出馬すべきだ」との意見と、「今回は見送るべきだ」との意見。

石破氏は、難しい判断を迫られていた。

世論調査では人気No.1。
「ポスト安倍」の最有力候補のはずの石破氏。

なぜ厳しい立場となっているのか。

理由は、自民党総裁を選ぶ選出方法にあった。

通常ならば、党所属の国会議員394人の票と、同じ数に換算した自民党員の票の合計で争われる。

しかし今回、執行部は、緊急の場合にあたるとして党員投票は行わず、国会議員票と都道府県代表の141票で決める見通し。

8年前の総裁選では、石破氏が党員票で1位。
高い人気を見せつけた。

しかし、石破派の所属議員は19人と少なく、国会議員票がメインとなる選出方法では、勝ち目がないとみられている。

そうした中、自民党の若手議員が31日午後、党員投票を行うよう求めた署名を携え、執行部に要請した。

しかし、二階幹事長は31日午前、「理想といいますか、当然あるべきことですから、そうありたいと思いますが。事情はやっぱり、政治の空白をもたらしてはならない」と述べ、党員投票の実施には消極的な意向を示している。

一方、防衛省をあとにする河野防衛相。
出馬すれば、小泉進次郎環境相が支援を表明していた。

しかし、自身が所属する麻生派が、菅官房長官支持の意向を固めたことなどを受け、出馬を見送る意向を固めた。

総裁選は、2週間後の9月14日に、都内のホテルで実施されることが固まった。

選出方法などについては、9月1日の総務会で正式に決まる。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース