台風9号 2日夜に九州北部接近 大型で非常に強い

社会 暮らし


非常に強い台風9号は、このあと九州に接近する。

1日午前11時半現在、台風9号は、大型で非常に強い勢力を保ったまま、久米島の北西の海上を北寄りに進んでいる。

台風はこのあと、勢力を維持したまま北上し、2日夜には、九州北部にかなり接近するおそれがある。

沖縄本島地方では、1日夜にかけて、瞬間的に60メートル以上の猛烈な風が吹くおそれがあり、暴風や高潮、高波に厳重に警戒するとともに、大雨にも警戒する必要がある。

一方、9号が去ったあとも、続けて台風が来るおそれがある。

1日午後9時の予想天気図では、小笠原近海にある熱帯低気圧が、早ければ1日夜にも台風に変わる見込み。

現在、日本近海の海面水温が高いため、台風になったあとも発達し、勢力が強くなる可能性がある。

週末から週明けにかけて、西日本に影響が出るおそれもある。

今後の情報に注意が必要。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース