宿泊・飲食業 求人厳しく 「失業手当 切れたら...」

経済・ビジネス 社会 仕事・労働


仕事を求めている人1人に対して、何人の求人があるかを示す有効求人倍率が、7カ月連続で低下した。

厚生労働省が発表した7月の有効求人倍率は、1.08倍で、前の月を0.03ポイント下回った。

6年3カ月ぶりの低水準。

新規の求人は、前の年の同じ月より28.6%減り、宿泊業・飲食サービス業で44%の減少などとなっている。

東京・渋谷のハローワークを訪れた女性は...。

仕事を探している女性「会社都合解雇宣告というか、整理解雇になりました」

飲食業で働いていたが、4月に仕事を失った。

仕事を探している女性「飲食って、これから難しいのかなと思っていて」
ハローワーク職員「今後を見据えて、今までのレストラン経験ではなくて、ほかのところも視野を?」

仕事が見つかるまで、失業手当が生活の支え。

仕事を探している女性「(失業手当で)生活を守ってもらえているが、それが切れたあと、どうしていこうというのが課題」

感染の収束が見えない中、厳しい状況が続く。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース