河井夫妻 元スタッフが証言 「仕切り役は克行被告」

社会


前法相の河井克行被告(57)と妻の案里被告(46)の裁判に、元選挙スタッフが出廷し、「選挙を仕切っていたのは克行被告です」と証言した。

参議院選挙での大型買収事件で、公職選挙法違反の罪に問われた裁判で、克行被告は、自身が選挙を仕切った「総括主宰者」であることを否定している。

東京地裁で1日から始まった証人尋問に、克行被告の秘書で、選挙スタッフだった男性が出廷し、「選挙運動を仕切っていたのは誰か」と問われると、「克行被告です」と答えた。

そのうえで、「票のとりまとめのための活動は、克行被告から具体的に指示をされ、報告も細かく求められていた」と証言した。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース