新型コロナ 伊豆大島で初めて5人感染 各地でクラスター相次ぐ

社会 暮らし 医療・健康


1日、全国で新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは632人で、クラスターも相次いでいる。

東京都では、1日に新たに170人の感染が確認された。

このうち、伊豆大島では、感染が判明した家族4人のほかに、新たに1人の感染がわかり、感染者は5人となった。

今後、接触した可能性がある数百人に検査が行われる。

石川県では、新たに27人の感染が確認され、1日に確認された感染者の過去最多となった。

このうち20人は、金沢医療センターの入院患者と医療従事者で、県は、クラスターと認定している。

埼玉県では、県立春日部東高校の同じ部活動に所属する生徒7人の感染が確認され、この高校での感染は、8月に感染が確認された1人を含め、あわせて8人になる。

千葉・勝浦市の、これまで従業員7人が感染した旅館「緑水亭勝浦別館 翠海」で、8月に旅館を訪れていた宿泊客7人が新たに感染していたことがわかった。

県は、感染経緯を調査中。

全国で1日、あわせて632人の感染が確認されていて、長野県では、県内で初めて感染者1人の死亡が発表されるなど、1日、全国で確認された死者数は13人にのぼっている。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース