コロナ解雇 5万人超える 非正規中心に月1万人増

経済・ビジネス 社会 仕事・労働


新型コロナウイルスの感染拡大の影響による解雇や雇い止めが、見込みを含めて5万人以上となったことがわかった。

厚生労働省によると、8月31日時点での新型コロナウイルスに関連する解雇や雇い止めは、見込みも含め、5万326人となり、ここ1カ月余りでは1万人が失業したことになる。

業種別にみると、製造業や宿泊業、飲食業など、新型コロナウイルスの影響を大きく受けている分野で失業者が多く、非正規労働者を中心に厳しい状況が続いている。

厚労省は2月から集計を始め、5月以降は、1カ月におよそ1万人のペースで失業者が増え続けている。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース