岸田・石破 両氏が出馬表明 菅氏 圧倒的優勢のなか

政治・外交


自民党総裁選で党員投票が見送りになる中、石破茂氏と岸田文雄氏が立候補を表明した。

岸田政調会長「国民のため、国家のために、わたしの全て、全力をかけて取り組む所存であります。どうぞよろしくお願いいたします」

1日午後、自民党総裁選への出馬を正式に表明した岸田政調会長。

自らの派閥の会合で、「国民の協力を引き出すリーダーを目指したい」などとその意気込みを語った。

このおよそ2時間後には、石破元幹事長が、「国民を信じない政治が国民から信頼されるはずはありません。誠実に、謙虚に、真っ正面から逃れることなく諸課題を訴え、国民の納得と共感のもとに政策を実行する」と述べ、4度目の出馬となる総裁選へ支持を訴えた。

河野防衛相が、1日夕方に出馬を見送る考えを表明し、茂木外相も見送る見通しであることから、岸田氏、石破氏、そして2日に出馬を表明することにしている菅官房長官の三つどもえの争いとなる今回の総裁選。

その選出方法について、1日の自民党の総務会は、今回は、緊急事態にあたるとして、国会議員と都道府県連の代表による投票で選ぶことを決定、党員投票は行わない。

これにより、国会議員票394票と47の都道府県連に3票ずつ割り当てられた141票の、あわせて535票で争われることになった。

二階派と麻生派、さらには安倍首相の出身派閥で党内最大の細田派に加え、石原派も支持する方針を固めるなど、次期総裁の大本命となっている菅氏。

菅氏が圧倒的有利な状況の中、それでも岸田氏と石破氏が総裁選に打って出るわけとは。

岸田政調会長「戦いは厳しいのではないか、そういった指摘がありました。これについてはおっしゃる通りだと思います。1人ひとりの心に届くように丁寧に訴え続けることによって、活路を見いだすべく努力を続けていく。これにつきると思っている」

石破元幹事長「自分に不利だからやめておこう。私はそういうような判断をいたしません。党員の皆さま方、広く国民の皆さま方、きちんと思いを申し述べて、そのことが強い政権につながる」

岸田派若手「岸田さんに選択肢はない。そんな不出馬なんてしたら、政治家・岸田文雄は死んでしまう」

石破派議員「石破さんは、今日の自分があるのは世論のおかげだと思っている。その世論で推されているのに出馬しないという選択肢はなかったんだよ」

そして、総裁選での番狂わせの可能性について、フジテレビ政治部の高田デスクは、「番狂わせのポイントとしては、今後地方で行われる予備投票が仮に1票でも上回れば、その地方の3票が全てその候補に入るという総取り方式になるなどして、地滑り的に石破さんが勝った場合などには、国会議員票も大きく動いて、菅さんの今の優位が揺らぐという番狂わせが起こる可能性は出てくる」と話した。

安倍首相の後任を決める自民党総裁選は、8日告示、14日に投開票が行われる見通し。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース