台風9号 夕~夜 九州接近へ “大型で非常に強い”

社会 暮らし


大型で非常に強い台風9号は、2日午前11時半現在、九州の西の東シナ海を北上していて、2日夜には九州北部に接近する見込み。

大型で非常に強い台風9号は、午前11時半現在、長崎・五島市の南西の海上にあり、およそ20km/hの速さで北上しているとみられる。

夕方から夜遅くにかけて、勢力を維持したまま、九州に最も接近する見込みで、特に長崎などでは猛烈な風が予想される。

3日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州北部で50メートルと、トラックが横転するほどの暴風が吹く見込みのほか、九州南部・四国などで35メートルとなっている。

また、台風9号による湿った空気が入る影響で、台風からは離れた西日本などで大雨のおそれがあり、3日正午までに予想される雨量は、多いところで、四国で300mm、九州北部・東海で250mmとなっている。

台風の進路にあたる九州北部では、暴風や高波、高潮に警戒し、台風からは離れた、九州南部から東海でも、大雨による土砂災害などに厳重な警戒が必要。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース