台風9号が接近 警戒が続く長崎・対馬は今

社会 暮らし


暴風や大雨をもたらしている台風9号が接近中の長崎・対馬市厳原町の厳原港。

防波堤の外に広がる海から、うねりが入ってきていて、強風の影響で、その海の波が白く砕けているのが見てとれる。

2日午後6時現在、対馬市では、全域に暴風や高潮の警報が出されていて、市は厳原町をはじめ、市内9カ所に避難所を設置している。

大型で非常に強い台風9号は、このあとも北上を続け、対馬市は2日夜、風速25メートル以上の暴風域に入るとみられている。

気象台は、飛来物でけがをしたり、走行中のトラックが横転したりする猛烈な風が吹くおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース