“大本命”菅氏が出馬会見 “スガノミクス”どう語った?

政治・外交


大本命と言われながらも、これまで出馬を明言してこなかった菅官房長官が、満を持して自民党総裁選に名乗りを上げた。
会見で明かされた自らの政治信条、そして目指すべき日本とは何だったのか。

出馬表明前から、ポスト安倍の“大本命”に躍り出ていた菅義偉官房長官(71)。

菅官房長官「1人の政治家として、安倍政権を支えた者として、今なすべきことは何か、熟慮をしてまいりました。そして私は、自由民主党総裁選挙に立候補する決意をした」

あの「令和」発表会見と同じカラー、青のネクタイ姿での出馬宣言。
訴えたのは...。

菅官房長官「ことしに入ってから、新型コロナウイルス感染症拡大という、かつてない事態に直面する中で、感染拡大と医療崩壊を防ぎ、同時に社会経済活動を再開する課題に真正面から取り組んできた。安倍総裁が、全身全霊をかたむけて進めた取り組みをしっかり継承し、さらに前に進めるために、私の持てる力を全て尽くす覚悟であります」

“菅首相”として、コロナ対策と経済活動の両立を図る“スガノミクス”については...。

菅官房長官「地方経済をもっと元気にしたい。なんとしても、コロナ感染拡大防止と社会経済活動の両立を図り、雇用を守り、経済の回復につなげていかなければならない」

安倍政権を揺るがした「森友」「加計学園」をめぐる問題や、「桜を見る会」での安倍首相をめぐる疑惑については…

菅官房長官「森友問題については、財務省関係の処分もあり、検察の捜査も行われて、既に結論が出ている。加計についても、法令にのっとるプロセスで検討が進められてきた。桜を見る会については、国会でさまざまなご指摘があり、ことしは中止をして、これからのあり方を見直します」

また記者からは、まるで“菅首相”が誕生したかのような質問も相次いだ。

ベテラン勢の“三つどもえ”となった、今回の自民党総裁選挙。

菅氏に挑む岸田政調会長と石破元幹事長は、9月2日の朝に放送されたフジテレビの情報番組「とくダネ」に相次いで生出演した。

安倍政権との差別化を問われた石破氏は、「それぞれの政策を精査して、安全保障、社会保障どうなんだい、災害に対する防災省はいらないのかい、そういう話をしているわけですね」などと述べた。

このあと、入れ替わりで出演する岸田政調会長と笑顔でグータッチを交わした。

9月2日の岸田氏の隣には、午前中は女性が、午後になると男性がぴったりと付いていた。
実は、2人とも岸田派の若手議員で、厳しい戦いに挑む岸田氏をサポートしていた。

一方、石破氏は自民党議員へのあいさつ回りに奔走。
カメラがキャッチした相手の1人は、菅氏を支援する石原派の森山国対委員長だった。

すると...。

石破元幹事長「(都道府県での)党員投票を奨励するという話になっていますね。なんで全体でできないって話になっちゃう」

森山国対委員長「そこは県連でやらなきゃいけませんし...」

省略された党員投票が話題にのぼり、見解の相違があった。

注目の総裁選挙は9月8日告示、9月14日投開票。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース