住宅ローン 失業で返済一部免除へ コロナ禍で...大手では初

経済・ビジネス


大手金融機関で初めて、住宅ローン返済の一部免除にふみ込む。

三井住友信託銀行は、勤務先の倒産などで失業した契約者について、住宅ローンの返済を一部免除することを決めた。

対象は、疾病(しっぺい)特約付きの住宅ローンを、2020年11月から新規で契約する人となる。

1回の失業につき、最長3カ月分の返済を免除する。

契約者の追加負担は不要で、損害保険会社が保険金を出す形となる。

新型コロナウイルスによる経済的な影響が広がる中、住宅ローン返済の一部免除は大手金融機関では初めてで、差別化による顧客拡大を狙う。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース