ようやく国内ツアー初戦 石川遼 波乱の初日

スポーツ


新型コロナウイルスの影響で、いつもとは違う開幕となった男子ゴルフの国内ツアー初戦、フジサンケイクラシック。

スタート前に行われた開幕セレモニーでは、出場選手、関係者、キャディーら全員から医療に関わる方々へ感謝と敬意を込めた拍手が送られた。

2009年、2010年と連覇した石川遼選手(28)。

17番では、セカンドを左に外すミスショット。
林に打ち込んでしまい、ダブルボギーをたたいてしまった。

後半は持ち直したが、前半の2つのダブルボギーが響き、3オーバー。

初日から大きく出遅れ、開口一番「いや~バタバタでしたし、最悪は免れたかなと。本当に最悪な1日になるかと思いました」と話した。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース