JR東 終電繰り上げへ オフピーク定期検討も

経済・ビジネス


JR東日本は、2021年春のダイヤ改正で、東京駅から半径100km圏内の路線で、終電時刻を30分程度繰り上げ、一部路線は始発の時間も繰り下げる。

新型コロナウイルスの影響で、深夜の利用者が減っていることや、保守点検の時間の確保も狙いで、金曜日など利用者が多い日は、終電前に臨時列車を増発する。

また、混雑時間帯以外で使える通常より安いオフピーク用定期券の導入や、通常の定期券の値上げなども検討しているという。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース