抗日勝利式典に習主席出席 5年ぶりも演説は行わず

国際


中国・北京で、抗日戦争勝利75周年の記念式典が行われ、習近平国家主席が5年ぶりに出席した。

北京の盧溝橋にある抗日戦争記念館で行われた式典には、習主席ら最高指導部7人全員が出席し、戦争の犠牲者に献花した。

中国は、日本が降伏文書に調印した翌日の9月3日を抗日戦争勝利記念日としていて、70周年の2015年には、習主席が各国の首脳らを招き大規模な式典を開いた。

2020年は75年の節目にあたることから、5年ぶりに習主席が出席したとみられるが、演説は行われず、アメリカとの対立が深まる中、関係を重視する日本への配慮から演説を見送った可能性がある。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース