台湾・蔡総統 チェコ上院議長と会談

国際


台湾の蔡英文総統は、台湾を訪問している東欧・チェコの上院議長と会談した。

中国は強く反発している。

蔡英文総統はビストルチル上院議長との会談で、「台湾はチェコと同様、権威主義体制に反抗し、民主主義を勝ち取る困難な道のりを歩んできた」と指摘した。

また、台湾訪問を前に急死した前上院議長に対し、勲章を授与した。

一方、ビストルチル上院議長は、「自由と民主と主権が台湾に永遠にあり続けるように」と述べ、台湾支持の考えを強調した。

これに対し、中国外務省は会見で、「あからさまな挑発だ。チェコが誤った行動の悪影響を取り除く措置を直ちに取るよう促す」と反発した。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース