ホンダ・GM 包括提携検討 2021年にも協業開始か

経済・ビジネス


ホンダがゼネラル・モーターズとの包括提携を検討する。

ホンダは、アメリカのゼネラル・モーターズと、北米での四輪事業について包括的な提携の検討を始めると発表した。

エンジンや車台を共通化することや、基幹部品の共同購入を検討し、2021年にも具体的な協業作業を始めたいとしている。

ホンダとGMは、これまでも燃料電池や電気自動車のバッテリーなどの開発で協業してきたが、今回の包括的な提携により新型車を効率的に開発し、コスト削減した資金を先進分野の研究開発に投じたいとしている。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース