台風10号 6日に九州接近 上陸も 連日会見 気象庁など“厳重警戒を”

社会 暮らし


非常に強い台風10号は、5日にも特別警報級に発達し、週明けにかけて、九州や沖縄、奄美に接近する見込み。

予想される最大瞬間風速は85メートルと、過去まれに見る暴風のおそれがあり、気象庁は、台風が来るまでに備えを終わらせるよう呼びかけている。

非常に強い台風10号は、5日には、猛烈な勢力で沖縄の大東島に接近し、6日の日中は、奄美大島に最も近づく見込み。

6日夜から7日の朝には、勢力があまり衰えないまま、九州に接近、または上陸する可能性がある。

雨や風の予想。
6日の日中は台風の中心が奄美付近を通り、7日の明け方には、九州の西に達する見込み。

台風の進行方向右側は、特に風が強くなり、たとえ上陸しなくても、九州の広い範囲で過去に経験がないほどの風が吹くおそれがある。

5日に予想される最大瞬間風速は、沖縄の大東島で70メートル、6日は、奄美や沖縄で70メートルから85メートルと、記録的な暴風が吹くおそれがある。

この風の影響で、九州と中国・四国の西側を中心に、停電が起こるおそれがある。
黄色が注意、より強い風が予想されている地域は赤色で、警戒となっている。

気象庁と国土交通省は4日午前、合同で会見を行い、川の水位が上昇していなくても、暴風が吹く前に早めに避難しておくなど、危険が迫る前に安全を確保するよう、呼びかけている。

国交省水管理・国土保全局の高村裕平課長「河川増水等の際には、暴風により移動できなくなることも考えられる。風が強くなる前に安全なところに避難するなど、早めに身の安全を確保してください」

気象庁と国交省によると、台風が接近する地域では、記録的な暴風・高波・高潮に加えて、大雨による洪水、土砂災害など、これまでに経験したことがない複合的な災害を引き起こすおそれがある。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース