「Tik Tok」運営会社が議連の会合で説明へ

政治・外交 技術


個人情報が中国政府に漏えいするおそれが指摘されている中国系の動画投稿アプリ「Tik Tok」の運営会社が来週、自民党の議員連盟の会合に出席し、説明を行う方向で調整されていることがわかった。

議連は近く政府に、安全保障上の脅威が懸念される外国製アプリに関する緊急提言を行う方針で、それを前に運営会社が説明したい意向を示したという。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース