総裁選で各陣営“活発化” 菅氏を法大卒議員 激励

政治・外交


自民党総裁選は、各陣営の動きが活発になっている。

菅官房長官「九州などでは、ダムの事前放流を行っております」

菅官房長官は、台風対策などの公務をこなした。

菅陣営の議員は、自民党の議員へのあいさつ回りを開始したほか、菅氏の母校である法政大学出身の国会議員らが菅氏を激励した。

自民党・石破元幹事長「1人ひとりが幸せだなと思ってもらえる、そういう国を作りたい」

一方、石破元幹事長は、政策発表の記者会見を行い、「納得と共感の政治」の実現を訴えた。

自民党・岸田政調会長「早いうちに地方に足を運んで、そしてお願いをする。こうした努力が求められるのではないか」

フジテレビの「バイキング」などに出演した岸田政調会長は、党員の支持を広げるため、午後から地方行脚を始めた。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース