「Go Toイート」新しい会食のあり方を提言 9月中にも事業開始へ

社会 暮らし 医療・健康


「Go Toイート」で、新しい会食のあり方を提言。

分科会・尾身会長「利用日や利用時間帯の分散およびスペースの分散など、新しい会食のあり方を考える機会ということ」

新型コロナウイルス対策を話し合う政府の分科会は、「Go Toイート」のうち、都道府県単位で、購入額に25%分を上乗せして発行する食事券の事業について、4段階に分けた感染状況のうち、感染者が比較的少ないステージ1や2にある地域での実施を基本とすることを提言した。

感染者が増えた場合は、事業の中断や延期をできる仕組みを検討するよう求めている。

また、利用者に対しても、昼の時間帯や週末など混雑する時間を避けるとともに、スペースを分散して食事を行う「新しい会食のあり方」を提案した。

農林水産省は、提言内容を検討したうえで、9月中にも事業を始めたい考え。

(FNNプライムオンライン9月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース