町工場がオンライン駆け込み寺 狙いは

経済・ビジネス 技術


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

町工場の職人技を公開する、ものづくりの“駆け込み寺”に迫った。

活気ある下町の町工場。
その職人たちが、新たにチャレンジしたのは、ネットを使ったコンサルティングサービス。

スタートアップや大企業も頼りにする、ものづくりの“駆け込み寺”とは。

東京・墨田区にある浜野製作所。
創業およそ40年。

主に金属加工を行うごく普通の町工場だが、熟練した職人の技術は、世界的にも評価されていて、2年前には、上皇さまも訪れたことがある知る人ぞ知る町工場。

その町工場が6年前から始めたのが、スタートアップなどを相手にした「ものづくり相談サービス」。

浜野製作所・浜野慶一社長「情熱を持っているベンチャーの経営者もいっぱいいる。特にハードウエアがからむようなスタートアップは、なかなかものづくりに対する専門性がなかった」

アイデアはあるけど、ものづくりのノウハウがない企業を応援したい。

そんな思いから始めたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、あらためて社長が感じたのが、必要なものは自分たちで作るという“ものづくり自給率”の大切さ。

クライアントとの主な連絡ツールはチャット。

タイムリーにやりとりできるほか、コロナで人が集まりにくい状態でも、すぐに相談にのれるというメリットがある。

浜野製作所 設計開発部・山下大地部長「例えば、ある製品が、くっつけるときに、ちょっとえぐれて変形してしまったんですけど、どうしたらいいでしょうかということで、このまますぐにビデオ会議をしましょう」

長年ものづくりをしてきた町工場だからこそできる、きめこまやかなアドバイス。

手探りで始めた相談サービスだが、これまでにアスパラを自動で収穫する農業用ロボットや、風力発電設備、電動車いすなど、数多くの製品をスタートアップとともに、世に送り出してきた。

今では、大手企業も含め、年間200~300の相談があり、その売り上げは全体のおよそ3割を占めるなど、浜野製作所の新たな柱となる事業に成長した。

浜野製作所・浜野慶一社長「この国の実力って、まだまだあると思う。高い志を持っている子たちも多くいる。これを僕らがサポートしなかったらいけないんじゃないか。周りの中小企業・町工場とともに、日本の製造業を支えるということを今後やっていきたい」

(FNNプライムオンライン9月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース