台風10号“最大級の警戒” 最大瞬間風速80mのおそれ

社会 暮らし


記録的な暴風が予想される台風10号は、非常に強い勢力で北上している。

台風10号は、5日にも「猛烈な」台風に発達する予想となっていて、勢力を維持したまま、5日午後から6日にかけて、沖縄地方や奄美地方を暴風域に巻き込みながら北上し、6日の夜から7日にかけて、特別警報級の勢力で九州に接近または上陸するおそれがある。

7日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄や奄美で80メートル、九州南部で65メートルなどとなっている。

また、7日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、沖縄で300mmなどとなっている。

台風の接近するところでは、記録的な暴風や高波、大雨に最大級の警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン9月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース