台風10号 6日昼までの24時間予想雨量 沖縄で300mm

社会 暮らし


大型で非常に強い台風10号は、沖縄の大東島地方を暴風域に巻き込みながら、北寄りに進んでいる。

このあとは、猛烈な勢力に発達し、6日には沖縄から奄美地方に近づくとみられる。

その後、7日にかけて特別警報級の勢力を維持したまま、九州に接近、上陸するおそれがある。

暴風域が広く、台風が近づく地域は、記録的な暴風や高波、高潮、大雨となるおそれがある。

雨雲の様子を見ると、5日午後1時30分、南西諸島には台風の外側の雨雲がかかりはじめている。

沖縄の大東島地方は、風も非常に強まっている。

また、本州付近も大気の状態が非常に不安定で、局地的に雨雲や雷雲が発生している。

6日にかけて、台風が接近する沖縄や奄美地方に加え、西日本から関東、北陸は大雨となるところがあるとみられる。

6日昼までの24時間に予想される雨量は、多いところで、沖縄で300mm、奄美地方で150mm、九州南部、関東甲信地方で100mmなどとなっている。

大雨や暴風、高波、高潮に厳重に警戒が必要。

(FNNプライムオンライン9月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース