台風10号 6日午前にも特別警報か 奄美地方除く鹿児島県

社会 暮らし


気象庁は、危険な台風10号について、暴風が吹き始める前の6日午前にも、奄美地方を除く鹿児島県に特別警報を出す可能性があると発表した。

気象庁予報部予報課・中本能久課長「これまでに経験したことのないような暴風、高波、高潮となるおそれがある。暴風が吹きはじめる前の6日の午前中に避難をすることが重要」

台風10号は、中心気圧930hPaの勢力を保ったまま、6日午後9時ごろに鹿児島県に接近、または上陸するおそれがある。

そのため、気象庁は6日午前にも、奄美地方を除く鹿児島県に暴風などを対象とする特別警報を出す可能性が高まったと明らかにした。

鹿児島県は、6日昼すぎには暴風域に入る見込みで、暴風が吹き始める前に、高潮や洪水の危険がある場所から避難するよう呼びかけている。

鹿児島県に台風の特別警報が発表されれば、沖縄県以外で初めてとなる。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース