米裁判所“引き渡し可能” ゴーン被告逃亡助けた親子

国際


日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとして逮捕されたアメリカの元特殊部隊員らについて、現地の裁判所は、日本への引き渡しが可能との判断を示した。

アメリカの特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー容疑者と、息子のピーター容疑者は、ゴーン被告がレバノンに逃亡するのを手助けした疑いでアメリカで逮捕され、日本が身柄の引き渡しを求めている。

マサチューセッツ州の裁判所は4日、「十分な理由がある」として、日本への引き渡しは可能だとする判断を示した。

今後は、国務省が、引き渡すかどうかの最終判断を行うことになる。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース