台風10号まもなく暴風域に 奄美大島の様子は 約1800人が避難所で一夜

社会 暮らし


まもなく台風10号の暴風域に入る奄美大島からの中継。

鹿児島・奄美市笠利町は6日午前6時現在、まもなく暴風域に入るため、非常に強い風が吹いている。

断続的に強い雨が降り、視界が非常に悪くなっている。

奄美市笠利町では、6日午前5時までに観測された最大瞬間風速が26.2メートル(午前2時52分観測)となっている。

午前8時半ごろには満潮の時刻を迎えるため、高潮にも注意が必要となる。

台風の強風に島の人たちも警戒を強めていて、奄美市内では1,794人が、市が設置した避難所で一夜を過ごした。

非常に強い台風接近を前に早めの避難を呼びかけたが、78カ所の避難所のうち、9カ所が満員となり、別の避難所の利用を呼びかけている。

6日の日中は、この雨と風が続くため、厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース