気象庁 最大級の警戒呼びかけ “特別警報”可能性低くなっても

社会 暮らし


気象庁は、台風10号について、風が強い東側の暴風域が広く、九州全域と四国の一部を覆うとみられ、最大級の警戒が必要としている。

気象庁・中本能久予報課長「記録的な大雨、暴風、高波、高潮に最大級の警戒をよろしくお願いします」

午前中の記者会見で、気象庁は、台風10号について、勢力がやや弱まり、特別警報の可能性は低くなったと発表したが、暴風、高波、高潮に加え、記録的な大雨により、甚大な被害が出るおそれがあるとして、最大級の警戒を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース