記録的暴風・大雨・高潮に? 身を守るための備えは...

社会 暮らし


大型で非常に強い台風10号は、このあと九州南部に最接近する。

台風10号の今後の進路や注意すべき点について、木村雅洋気象予報士の解説。

まず最新の台風情報。

大型で非常に強い勢力を保ったままで、今、屋久島あたりにいるとみられる。

スピードが上がってきたため、7日午前0時ごろで鹿児島沖あたり、午前3時ごろで長崎の五島列島付近。

勢力は少しずつ弱まってくる予想だが、スピードが上がってきているため、早めの対策が必要となってくる。

雨や風に、特に警戒すべき時間帯はいつごろなのか。

まず、奄美は6日夜いっぱい、それから九州南部、北部に関しては、7日午前中まで。

特に夜の暗い時間帯に雨や風が一番強まるため、警戒が必要。

さらに、四国から近畿、東海も、台風からは離れているが、長い時間、大雨になるという特徴がある。

大雨が長引くと、川の氾濫が心配されるが、具体的には、どの川に警戒が必要なのか。

今回の台風で氾濫が予想される川は、球磨川、川内川、肝属川、大淀川、小丸川、五ケ瀬川など。

鹿児島県や宮崎県などが中心だが、先日氾濫した球磨川も危険性が高い。

川の氾濫というのは、2つ特徴がある。

1つは、上流で大雨になったら、中流や下流は雨が降っていなくても増水する。

もう1つは、大雨のピークが去ったあとにも増水するという特徴がある。

今は雨が降っていない、あるいは雨がやんでしまったとしても、安心はできない状況。

さらに、高潮にも警戒が必要。

2018年の台風21号が大阪に直撃した際の関西国際空港の様子を見ると、滑走路が完全に水没してしまっている。

今回の台風も、これと同等、あるいはさらに、大規模な高潮被害が出る可能性がある。

具体的に各地の満潮時刻を見ていくと、宮崎県や鹿児島県などでは、6日の夜に接近と重なるおそれがある。

さらに、福岡の門司港のあたりは、潮が集まりやすい場所。

長崎の福江なども、満潮時刻とはずれているが、中心が近くを通る見通しのため、高潮の警戒が必要になってくる。

あらためて、今後どのような対策が必要なのか。

今回の台風は、夜に接近するため、深夜に外に出るというのは大変危険。

家で過ごす際には、2階以上、なるべく窓から離れてカーテンを閉める必要がある。

また、停電や断水による対策も必要になってくる。

携帯電話をしっかり充電しておくことや、バスタブに水をためておくなど、ライフラインがまだ生きているのであれば、そのうちに早め早めに対策をしていく必要がある。

九州では、今は荒れていなくても、早め早めに命を守る行動を心がける必要がある。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース