暴風・高潮・高波に厳重警戒 台風10号接近 長崎

社会 暮らし


台風10号が接近する長崎市から中継。

長崎市尾上町の長崎県庁。
ここから見えるのが長崎港で、6日午後10時すぎに満潮を迎えた。

7日午前0時15分現在も潮位がかなり高くなっていることがわかる。

台風が接近するにしたがって、さらに潮位が高くなり、浸水、冠水のおそれもある。

高潮にも厳重な警戒が必要となる。

現在、長崎県内は、広い範囲が風速25メートル以上の暴風域に入っている。

雨は降ったりやんだりを繰り返しているが、外にいると、風や周りの音が聞こえないくらい、そして、踏ん張っていても体がぐっと押されるぐらい強い風が吹いている。

この時間から朝にかけて、長崎県内は台風が最も接近する見込み。

命を守る行動を心がけ、十分な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース