雨風強まり厳重警戒 各地で停電相次ぐ 佐賀

社会 暮らし


大型で非常に強い勢力の台風10号は、7日午前6時現在、九州北部を北上中で、九州では暴風、大雨などに最大級の警戒が必要となる。

佐賀・唐津市にあるホテルから中継。

佐賀・唐津市では、この時間になって、かなり風が強くなってきた。

ホテルのすぐ近くにはビーチがあり、普段は海水浴場として、多くの家族連れなどでにぎわう場所。

普段は、ほとんど波は穏やかだか、7日午前6時現在は、何重にも白波が押し寄せてきている様子が確認できる。

この状態は、6日夜から続いていて、この時間帯は干潮の時間帯となるが、それでも打ち寄せる波の勢いが段々と増してきているように感じられる。

ホテルの部屋は、全部で58室あり、7日はすべて埋まっている。

5日から急激に予約が増えてきたということで、家族連れや高齢者などを中心に多くの人が避難を始めている状況。

そして、このホテルでは、午前3時ごろに3分間ほど停電して、館内が一時、真っ暗となった。

唐津市では、電線が切れたという被害も報告されていて、予断を許さない状況が続く。

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース