安否不明4人 土砂崩れ現場 雨で二次災害の危険も...

社会 暮らし


九州などに多くの被害をもたらした台風10号。
宮崎では、現在も4人が安否不明となっている。
現場から中継でお伝えする。

宮崎県の北西部、熊本県との県境に位置する椎葉村。

土砂災害の現場は、山の斜面がえぐり取られるように縦長に崩れ落ちている。

そして、その下を見ると、おびただしい数の木が横たわっている。

あの辺りに建築会社の事務所、住宅、そして倉庫などがあったということだが、どのように立っていたのかは、土砂に覆われてわからない状況となっている。

あちらに住んでいた家族は、道路の拡幅等工事にともない2018年、あの場所に新居を構えていたという。

機動隊が安否不明となっている4人の捜索を行っていたが、午後5時すぎに7日の捜索を打ち切った。

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース