自民党総裁選 8日告示 各陣営、動き活発化

政治・外交


自民党総裁選挙は、8日の告示を前に、菅・岸田・石破の各陣営が動きを活発化させている。

菅官房長官「(長官の過去の執筆本が高値になっているが?)野党時代に執筆した著作について、そんなに高値になっているとは知らなかった」

菅官房長官は、7日も公務を行う一方、自民党の東京都議団を訪問するなどした。

また、菅陣営は幹部会合を開き、8日の告示に向けての準備を進めている。

一方、同じ神奈川県選出の小泉環境相も「共に非連続の改革をやっていきたい」として、菅氏支持を表明した。

岸田政調会長「政策の中身は、(ほかの候補者と)明らかに違うところが多々あります。違いをよく理解してもらうことが基本です」

岸田政調会長は、台風10号対応のため地方出張をキャンセルし、自民党本部から地方の会合にリモート参加し、党員に支援を呼びかけた。

また、午後、自らの陣営の選挙対策本部を立ちあげるなど、準備を進めている。

自民党・片山さつき議員「わたし今回ね、菅選対の常任幹事なんです」

石破元幹事長「そんなことは、みんなお付き合いがあるから」

石破元幹事長は、自民党議員の国会事務所を回り、支持拡大に努めている。

さらに、石破氏は、自身の派閥の会合に出席し、情勢分析を行った。

石破元幹事長「選挙はわたしたちも長くやっているが、ふたをあけて開けてみなければわからない」

自民党総裁選は、8日に告示され、3候補による共同記者会見などが行われる。

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース